忍者ブログ
漫画家、草野誼の新作や再掲載、電子書籍のお知らせ。 目標月イチ更新!

2019

0725

愚者の皮メグリ編第11話
「おんぼろ共感覚」掲載の
本当にあった女の人生ドラマ
ぶんか社より発売中です。
今回はメグリと縹との対決の
決着がつきます!


季節がら、素麺を食べることが
多くなってくるのですが、この素麺
どのくらいを茹でるのが適量なのか
いつも迷います。
少ないと物足りないし、多いと、
余らせるのも何かなと無理気味に食べて
素麺腹になってしまう。
家族間で、誰がどれだけ食べるのかを
考えながら食べるのも、また一興なのかも
しれませんが。
子供の頃みたいに、何も考えず素麺食べてた
頃が懐かしい。
左側から素麺が
右側からかえしの効いた素麺つゆが
出てくる蛇口が欲しいです。
夏以外は邪魔になるけどw


梅雨明けで、本格的に暑い夏の
始まり。
我が家の壊れかけのエアコンが、
なんとかもってくれればいいんですが。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新号拝読しました
骨身に染み入る湿気にうんざりしながら日々を営んでおります。
先生、メグリ編拝読いたしました。
養母のおぞましいエゴと対峙しながらも、その養母との暖かな思い出を決して否定することなく持ち続ける彼女のしなやかな優しさに、確かな成長を見ることが出来ました。
きっとこの子はこの困難を切り抜け乗り越えるだろう。そんな確信のようなものを感じました。

先月、病院から(同会社経営の)入居型ケア施設へ人事異動があり、前の職場とは真逆の環境下でのびのびと仕事をしております。
まだまだ覚えることが山積みですが、毎日が多忙ながら楽しく前向きな気持ちを自然にもち続けることが自分でも驚きです。
先日は同僚の看護師(若いお兄ちゃんですv)から「ふうふうさん、すごく楽しそうに仕事していますよねー」なんて言われてびっくりするやらこそばゆいやらでもう(^_^;)
退職しようとした私を引き留めて異動させてくださった人事の方には感謝してもしきれないほどですはい。
同い年同志、体を労わりつつも適度に鞭打って頑張りましょうね!

あ、ちなみに我が家の素麺の食べ方は、掻き揚げ、またはトマト・青紫蘇千切りをトッピングして上からつけ汁を掛けて頂きます。
洗い物が少なくて済む事と素麺が沢山消費出来るという利点がございます(笑)
ふうふう 2019/07/25(Thu)22:03:37 編集
かんかん橋をわたって
初めまして!
かんかん橋をわたってを今読み終わりました。一気に読んでしまいました。紙の単行本がないことが残念です。

シーズン2というか、、その後のお話をとても読みたいと思ってしまいました。
さら 2019/07/26(Fri)11:27:10 編集
ふうふう様
ふうふう様。メグリ編、読んでくださって
ありがとうございます!
そうめんに紫蘇とかき揚げですと!素晴らしい!
なんか無限に食べちゃいそうな気がします。
(あ、我が家の適正素麺量をファジーにしてるのは他ならぬ自分であると今気づきましたw)

新しい職場、きっとふうふうさん独自の気遣いやこまやかさが生かされる場所だと思います。
>同じトシ同士w なんかもう毎日働いてるだけで充分偉いです、いやもうこの気候では、呼吸してるだけでも立派なものw
モチベーションは大切にしつつ、結果については思い切りハードル下げてゆきましょ☺︎お互い☺︎
草野誼 2019/07/26(Fri)19:59:25 編集
きら様
きら様。かんかん橋読んでくださってありがとうございます!
紙の単行本につきましては、現在発行予定はなくて、ご不便をおかけして申し訳ありません、
漫画配信サイト各社様、または発売元である
ぶんか社のサイト「よもんが」などで、
待てば無料形式で公開されておりますので、
図書館代わりに活用していただけたらと思います。

話題を振っていただいたかんかん橋の続編
なのですが。たまに企画に登ったりするので
(つまりは企画だけで立ち消えるw)ぼんやりした設定くらいは存在します。
お恥ずかしいことに、本当に脳内設定だけなので
「いつか皆様にお届け〜」などと言うと
描く描く詐欺にになってしまうので^_^,
身の程をわきまえつつも…
期待していただけるのは本当に嬉しいです!!
草野誼 2019/07/26(Fri)20:22:28 編集
無題
傑作集「愛よりも深く」読ませていただきました。
漫画、というより短編小説を読んだような、最近忘れていた切なさを感じるお話の数々、出逢えて良かったです。
何回も繰り返し読みたくなります。

素麺、私は煮麺にして食べることが多いのですが、すぐ麺が汁を吸ってしまい、とてもしょっぱい思いをしながら食べています笑。
せいまや 2019/08/20(Tue)21:40:19 編集
せいまや様
せいまや様。
愛より深く、読んでくださってありがとうございます。もう20年くらい前にイフというレディースコミック誌で描いていた短編です。
その時期、祖母や父が相次いで他界したので、いろいろな気持ちをこめて描いていった作品群でもあります。
今こうしてせいまや様に読んでいただき、あたたかいご感想までいただけて、とても幸せな気持ちになりました。
ありがとうございます。
私も、煮麺の優しい味はすきです。ーーーーシルを吸ってしまうのはーーww永遠の課題ですよねw
草野誼 2019/08/20(Tue)21:52:01 編集
プロフィール
HN:
くさよっしー
性別:
非公開
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP